トップページ
新着情報
歴史
お品書き
旬の逸品
なめろう教室
お問い合わせ
壁紙
旬の逸品
口の中全体にいきわたる風味のよさ!
食べることの「幸せ」をぜひ感じに来てください。
いわしの寿司
いわしの握り寿司 地元銚子港に揚がるいわし。
この<トロイワシ>は絶品!
良い風味と程よいコクがあります。
さんまの寿司
銚子の港に揚がるさんま。
生きがいいうちの寿司は格別!
さんまの握り寿司
車海老の寿司
車海老の握り寿司 大きな海老なので一尾から
たくさん食べられます。
甘く、とろけるような食感です。

頭は味噌汁にすると最高!
目玉以外はすべて食べられます。
車海老
あなごの寿司
あなごの握り寿司 見事にやわらかい、あなごの上物
大切に焼いて、極上のたれで・・・
いいものは「ここ」が違うんですよ! あなご
なめろう
なめろう 漁師さんたちが船の上で作ったり
普段食べるまかない用のものが一般化したものです。
獲れた魚を生きがいいうちにたたいて、味噌と和えてあります。
メモ なめろう教室・・・
おすいもの
なめろうのつみれ汁
なめろうのつみれ汁
車海老の頭の味噌汁
車海老の頭の味噌汁
(季節や食べていただいたお寿司によって内容が変わります。)
メモ 味へのこだわり・・・ 
魚や貝は獲れる季節、場所によって微妙に味や風味、固さなどが違ってきます。
そして、それぞれにあった調理の仕方があって、また食べる人の年齢や個性によって味付けや食感を微妙に変えたりもしています。
すしは「味覚」「嗅覚」「視覚」「触覚」など五感のうち四つにも訴えられるものです。
美味しくたべていただくために、「米」「魚」などの食材、「酢」「醤油」などの調味料、「水」「茶」ひいては「空気」までにも気を使うことが多いのです。

今日はこの辺で・・・ この続きはご来店の時まで楽しみに取っておきましょう!
店主
※ お願い・・・
すしに使う魚や貝類は、季節や天候で獲れたり獲れなかったりします。
勝の家では、その時優れた食材を使っているので、ここに載せたものが
無いことがあります。 事前に電話などでご確認ください。
勝の家 (かつのや)
住所 銚子市和田町10-11
営業時間 11:30〜21:30
定休日 火曜日
0479-22-0980
地図・・・
△ Top △